続・ワンダフル道中

明るい声のあいさつから始まる毎日を。

小1になると「セミ採り」では満足しないようです


2年くらい前までは、セミやちょうちょを追いかけて楽しんでいた次男ですが、最近はカブトムシやクワガタなどのかっこいい昆虫を捕まえたいと必死です。

しかけをつくるために「バナナを買って!」「このスイカの皮ちょうだい!」と毎日のように大騒ぎ。



YouTubeで調べて、バナナをカットして焼酎とドライイーストをもみ込み、おひさまパワーで発酵させ、古いストッキングに詰め込んで木に巻き付ける、という方法にチャレンジすることに。




「この辺でいっぱい採れたよ」とご近所の虫博士みたいなお父さんに一昨年教えてもらった場所へ。



雑木林へ分け入っていくと、けもの道すらなく、日はまだ高いのに暗い雰囲気。ちょっとしり込みする次男のお尻を押してあげながら、斜面をぐいっと上ります。
ミツがあるかな?洞(うろ)はあるかな?と木を観察してからしかけを設置。



暗くなるのを待って夜の8時になったとたん「時間じゃ!」と自ら着替え、出掛ける準備は完璧です。こんなふうに朝も着替えて学校行く準備してくれたら頼もしいのになぁ。

夜の雑木林は、昼間以上にこわい雰囲気。

「怖いけん行ってみてきて。カブトムシおったら言うて」というわがままなオーダーは父ちゃんには通用せず、ビビりながら斜面を登り・・・・・



そこにいたのはムカデのみ、、、、、。
残念。今年はこの辺にはカブトムシはいないのかも。と諦めようとするわたしの横で「しかけを変えてみる!」「場所を変えてみる!」とまだまだ燃えていました。

おせっかいな性格なのです

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220802190438j:image

日陰で過ごすのと同じ涼しさ、というキャッチコピーに惹かれて新しい日傘を買いました。いままでと違う生活になって、3回目の夏です。

 

検温を済ませ、30人くらいの研修会場へ行く。

記念写真なので良かったらマスクはずしてみてくださいね、と声を掛ける。

自転車を漕いでいるときは、マスクオフ。

プールではマスクしない(そりゃそうか!)。

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220802190656j:image

周囲の様子をそっと見ながら、活動範囲を広げたり、狭めたり、また広げたりしながら、みんな生活しています。でもきっちり線引きし、外に出ることを警戒し続けている人も、思ってる以上にたくさんいます。

 

私の身近にも、家族のためにお出掛けをなるべくやめて、おうちのなかの暮らしを大切に守っている人がいます。その人のことがずっと気にかかっていたけれど、私の心の扉にもカチッと鍵がかかったみたいに、動き出せずにいました。

 

でも先週、勇気を出して、電話をしました。

 

紹介したい素敵な人がいるんです!きっとすごいパワーもらえます!それだけを言うのに3年もかかってしまいました。

 

「やったことないけど、じゃあzoomしてみるね」。そう言ってもらえたけど、まだ心のなかはザワザワ。余計なお世話なのかも。ぐるぐる。

 

f:id:pan-wine-pan:20220802190813j:image

不安いっぱいのわたしの背中を押してくれたのが、このクリームチーズたっぷりのケーキを作ってくれた圓井さん。ひととのつながりを広げていくことで暮らしが変わる、と気づかせてくれるひとです。

 

 

親切の押し売りになってるのでは・・・とモヤモヤしてた私に「いいね!わたしもその人と話したい!」と言ってくれました。

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220802190916j:image

私はいいなと思ったことを多くの方と共有したいと思うお節介な性格だから、誰かの役に立つかも!と思ったら全部オープンにしたくなるのよ、という圓井さん。

 

そうした気持ちは、重度心身障がいの娘さんとの日々を綴るSNSのなかにもいっぱい散りばめられています。

Login • Instagram

 

圓井さんのお宅におじゃまして、圓井さんのお友達の久積さんもいて、そんななかでつないだzoom。

 

ずっとずっと話したかったのに、いざ声に出すと、「曲がったり、ねじれたりせずにうまく伝わるだろうか」と、どぎまぎしてしまいました。柄にもなく、遠慮ばっかりしてしまった気もします。

 

圓井さんや久積さんのおかげでとてもなごんだけれど、やっぱりほんとは押し付けだったかのも。zoomを切って、圓井さんのケーキを食べて、久積さんの手作りジャムを手土産にした帰り道。自分のしたことは意味あったのかなぁと思うと泣きたい気持ちになったのでした。

 

f:id:pan-wine-pan:20220802193545j:image

次の日、LINEに一枚の写真が届きました。「即実行したよ!あのお話聞いたときに、頭のなかでもう描けてたから!」と黄色がいっぱい使われたバナナの絵!!

 

良かった。迷惑じゃなかったのかも。嬉しい。圓井さんにもすぐ報告!これがなにかのはじまりになっていったら、いいな。今夜はよく眠れそう。

にし阿波を盛り上げ、子どもたちの成長を応援する企業があります

「アカルいコえのアいさつ」から始まる毎日!
www.akarucoa.com

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220720013049j:image

30年後、子どもたちは何歳!?わたしは、どこでなにをしてるだろう!?

想像したら、ちょっとドキっとします。

でももし、学びや経験をたくさん重ねていたら、30年後のわたしには、ワクワクがたくさんあるんじゃないだろうか!?そう思わせてくれる「親子のための学びのイベント」が、東みよし町で開催されます。

c-landmark.net

 


f:id:pan-wine-pan:20220718143856j:image

自分の未来をデザインできる子どもたちになってほしい!

思いを込めてキャッチコピーをつくったのは、イベントを主催する株式会社C Landmarkの藤田梢さん。

f:id:pan-wine-pan:20220720013706j:image

高知から移住して暮らし始めた三野町で、自分の悩みや困りごとから「カフェ&カルチャークレヨン」を三野町で立ち上げた梢さんは、

「子どもたちに体験や経験をさせられる場所がない」

「お母さんたちが学べる場所がない」

「キラキラ輝けるママたちの居場所がない」

というたくさんの「ない」を愚痴やひとりごとにせず、「ないならつくればいいんだ!」と立ち上がって、ママの活躍の場と地域のひとが集まる場所になるカフェを二店舗運営。

 

この春からは、地域の新しい交流拠点となる吉野川テレワークオフィスの運営を任されています。f:id:pan-wine-pan:20220720013117j:image

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220718143848j:image

これまでも、地域にひとが集まる仕組みと、子どもたちに経験から学んでもらえる企画を考えてきた梢さん。

たくさんの仲間や若いメンバーが増えて、会社はますますパワーアップ!

つくる~TSUKURU~ (@tsukuru_clandmark) • Instagram photos and videos

 

f:id:pan-wine-pan:20220720013817j:image

梢さんの念願だった「社員研修」や「人事評価制度導入」も今年からスタートし、協力してくれるたくさんのサポーターが株式会社C Landmarkを応援しています。

もちろん、わたしもそのひとり。今日も車を走らせ、東みよし町の吉野川ハイウェイオアシスまで行ってきました。長距離ドライブは目と腰がくたびれるけど、訪れるたびに「町を元気にするための関係人口のひとりになってる!」と元気になれてる気がします。

 

スーパー銭湯、キャンプ場、産直市、テレワークオフィス、カフェcul culなど、吉野川ハイウェイオアシスには見どころも、食べどころもいっぱいです。ぜひ訪れてみてくださいね。

yoshinogawa-oasis.com

 

 


* … * … * … * …* … * … * … * … * … * …*
アカルコアのInstagramこちら

 


Facebookページはこちら

 

管理者のひとたちに「研修は好きですか?」と尋ねてみました

「アカルいコえのアいさつ」から始まる毎日!
www.akarucoa.com

イツモスマイル管理者向けオンライ研修2022年度の第一期が終了しました。
終了後のアンケートでは
・ほかの管理者さんの考えをきけてよかった
・部下や後輩に伝えたい(伝えた)内容があった
・研修を通して、考えたり、意見交換をする(アウトプットできる)場にしていきたい
という声をいただきました。
ご参加ありがとうございます🤗

8月からスタートする第二期でお会いできるのも楽しみにしています♪

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …


管理者の方が当たり前に大切だと考えている報告・連絡・相談。
「なぜなのか?」をチームみんなが同じ目線で理解しているでしょうか?

報連相を大切にする理由が違うと、
日々の業務のなかでいくら口をすっぱくして伝えても、
思ったような報連相が上がってこないものです。

そしてもうひとつ。
「あなたにはここまでできるようになってほしい」
「半年後にはこのレベルの提案のある連絡ができるようになろう」
と、ひとり一人の経験やスキルに合わせて報連相の目標を持っていますか?

管理者のみなさんは
「チーム全体」を見ながらも
「ひとり一人のできることが違う」こと
にもフォーカスしなければいけません。

 

できることは、経験や年齢、キャリアによって異なります。


それぞれができる報連相を明確にし、
少し意識すれば変えられることがあれば提案する。
ひとり一人が小さな成長を目指す。
それが、チームの大きな力に必ずつながります!


来期も「管理者が目指すチームの成長」について、一緒に考えていきましょう!

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

 

 

ところでみなさんは、研修は好きですか?

管理者の方や資格の更新などで研修の機会が多い人でも「ちょっと苦手」と感じている人は少なくありません。

 

ではなぜ「学び」や「研修の場」がおとなになっても必要なのか?

 

それは「好奇心の種を蒔くため」なのです。

子どもたちは毎日、ちょっとしたことに驚いたり、大声で泣いて悲しんだりしています。大人になるとそんなことはありません。

 

なぜなら、世の中にはもっとすごいことがあると知っているし、これは一時的な悲しみだということも気付いているから。

だから大げさに驚いたり悲しんだりしないのです。

 

でも感動や喜びが小さくなった状態に慣れてしまうと、今度は新しいものや変化することを受け入れられなくなっていきます。

 

これまでにない考えの人に出会うとパタンと心の扉を閉じてしまったり、自分とまったく違う人生を歩んできた人のことばに触れるのが怖くて、心の鎧で跳ね返したりして、自分の奥の方まで入らせないようにします。

 

 

研修や学びの場は、そうしたカチカチに固まった心や頭に、小さな刺激を与える「問いかけ」があります。

問いかけは、自分に矢印を向けるきっかけ。

 

わたしの気持ちを表現するとどうなるだろうか?

もしかしたら、今の状態に不安を持っているのではないだろうか?

 

こうして自分を省みる「内省」をすると、ほかの人はどうなのだろうと他者にも矢印が向き始めます。

 

すると今度は、私と同じような気持ちの人もいたのかとほっと安心したり、そんな考え方もあったのか!と感心したりします。

それらは、自分への問いかけや内省がなければ出会えなかった安心や感心なのです。

 

内省は自分のこころに感心を持つこと、気付きは相手のこころに興味を持つことにつながっていきます。そこで共感が生まれたら、あとはパタパタとドミノ倒しのようにノンストップで、気付き、内省、共感のループに突入です。

 

 

ぜひ一度、自分のなかの好奇心につながるドミノの一片を、ぽんと押してみてください。

そこには、新しい世界が広がっています。

 


ーーーーーーーーーーーーーーー
パーソナルレッスンは対面のほか
オンラインにも対応しています。
ご興味のある方はホームページhttps://www.akarucoa.com もしくは
Instagramからご連絡ください。
ーーーーーーーーーーーーーーー


* … * … * … * …* … * … * … * … * … * …*
Instagramこちら




Facebookページはこちら

 

大阪関西万博開幕1000日前イベント

 

「アカルいコえのアいさつ」から始まる毎日!
www.akarucoa.com

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220720023241j:image

7月18日は、大阪関西万博開催までちょうどあと1000日!という日。

あすたむらんどでは「開催1000日前イベント」が開催されて、カウントダウンボードの制作やお披露目がありました。

 

f:id:pan-wine-pan:20220720023234j:imageそもそもなんで徳島で?と思う方も多いかもしれません。

実は今回の大阪・関西万博は、大阪府京都府奈良県などを含む11県市で構成される「関西広域連合」も一員となって盛り上げていくことになっています。

関西広域連合に所属している徳島や鳥取も「展示会場=パビリオンですよ」と、来場者に提案する今回の万博。これまでにない新しい取り組み方が成功するか、注目されているようです。

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220720023244j:image

万博は、世界中の人やモノ、そして文化が交流する場。あすたむらんどを訪れた家族連れに、異文化交流の楽しさを伝えるために、和太鼓の演奏や、トリニダード・トバゴ生まれの楽器「スティールパン」バンドの演奏で、ジャンボパラソルの下はにぎやかに!

 

f:id:pan-wine-pan:20220720023238j:image

軽やかだけど深くひびく音色は、リハーサルの時点から会場内のひとたちをワクワクさせていました。

 

f:id:pan-wine-pan:20220720023231j:image

ドイツ文化を体験できるエリアでは、誕生日などで伝統的な鍋たたきゲームにチャレンジ。目隠しをしてお玉を振りながら、置かれた鍋を探しあてるという遊び。日本のすいか割りの要領で、最初に目が回るほどクルクル回されてからスタートです。

周囲のみんなの掛け声は、その場で覚えたばかりのドイツ語。キッチンの鍋は近づくと熱いので、「ハリス!ハリス!(熱いよ!熱いよ!)」と叫んでゴールが近いと知らせます。

鍋を見つけたら、そのなかにはドイツのグミ、ハリボHariboが入っている!と知って、子どもたちが思った以上にあつまり、最後は予定時間をオーバーする結果になっていました。

 

 

 

 

f:id:pan-wine-pan:20220720023228j:image
メインイベントはカウントダウンボードのお披露目。この日に会場を訪れてくれた子どもたちが「夢」や「思い」を書き込んで完成です。

 

f:id:pan-wine-pan:20220728195655p:image

写真がなかったので、夕方のテレビニュースから拝借!大阪・関西万博まで1000日【徳島】(JRT四国放送) - Yahoo!ニュース

映ってたね〜と義母や子どもの学童の先生から声をかけてもらいました。みんなよく見てる!

みんなの夢を乗せたカウントダウンボードは、県庁で3年間見ることができます。

 

f:id:pan-wine-pan:20220804085234j:image

あすたむらんどでは、久しぶりに松崎さんに会いました。

20代のときに仕事で出会い、30代では子育て中にたくさんお世話になりました。泣いてる子どもを連れて行ける場所に到着すると、心のバリアがほっとほぐれたのを思い出します。
阿波踊りの期間中、演舞場周辺にはオムツ替えの場所も幼児用トイレもなく、すきっぷに行けばいい!とベビーカーを押して商店街で小走りになったこともありました。

 


f:id:pan-wine-pan:20220804085231j:image

木のおもちゃ美術館の館長も勤めながら、関西広域連合のメンバーである徳島県の委員もされているし。分身の術使ってる!?と思ってしまうくらい活動的な方。

 

40代のいまは憧れている人のなかのおひとりです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
イベント司会、

オンライン講演会司会もお受けします

ホームページhttps://www.akarucoa.com もしくは
Instagramからご連絡ください。
ーーーーーーーーーーーーーーー


* … * … * … * …* … * … * … * … * … * …*
Instagramこちら

 


Facebookページはこちら

 

アジ狙いなのに、結局イワシ釣り大会になってる夏の恒例行事


夏休み、朝5時からはじまる祖父母との恒例行事。小松島の和田島漁港近くの岸壁から、アジとイワシを狙って竿を振ります。
小さい子どもも扱いやすいからと、リールのついてない延べ竿を釣り好きの父が用意してくれます。

でもこの日は風が強くて!
投げたサビキカゴが風で押し戻されたり、竿の先端がゆらゆらしたりするなか、大人と子どもがペアになってか釣り上げます。

船釣りでなくてもライフジャケットは必須。風が強いとなおさらです。


風があれば涼しさもあり、暑さに弱い長男はいやがることなく最後までライフジャケットを着用することができました。



アジはあんまり釣れなかったけど、イワシが鯉のぼり状態で釣れたり、たまにサバがかかったり。
イワシを上げようとした母が水中の異変に気付いてねばったら、20センチ超えのツバスが喰いついた!
釣りバカ日誌大好きな父に40年以上連れ添っている母の竿捌き、さすがです。



ちっちゃいタイはお椀にして、イワシは天ぷらで食べました(残りはオイルサーディンにする予定)。



ツバスは七輪で炭火焼に。雑な切れ目はご愛敬。





これから最盛期を迎えるスダチ。ご近所さんからおすそ分けしてもらった路地スダチがたくさんあったので、絞り放題でぜいたくにいただきました。


採れたての地元のものが気軽に楽しめる、徳島での暮らし。子どもたちがのびのびできる時間、おとながわっとはしゃげる場所があります。
移住支援の情報も、ぜひ検索してみてくださいね。

https://tokushima-iju.jp/docs/3352.htmlみんなでリスタート!徳島移住促進支援金[子育て世帯向け]について - 住んでみんで徳島で!

ドタバタはじまり、ガミガミ叱って、へとへとになって、ほったらかしに。


塀を超えて咲きこぼれている百日紅。空に向かって伸びるひまわりの花。季節の花は、ご近所さんの庭で堪能することがほとんどの我が家に、子どもたちがあさがおやホウセンカを持って帰ってきました。


夏休みの宿題に観察日記があるみたいだけど、全然水やりしてないし(私もしないし)、「枯れた」という最終ページが想像できる。「枯れよるぞ!」と夫に怒られて、半泣きで世話する姿も想像できる。大丈夫かな。

学校が用意したドリルや課題は簡単で助かるけど、「宿題してるからいいでしょ!」になってるから、それもどうなのかなぁ。決められた提出物作成じゃなくて、自分が好きなことで「実験」「研究」「体験」してそれを発表する!でもいいんちゃうかなぁ。




夏休みはお弁当を持って学童へ行く、という予定のはずなのだけれど、コロナ陽性が出てここ数日お休みです。

「にぃちゃんがたたいた」「おれは悪ぅない」とすぐ言い合いになってるし、仕事にもたいして集中できず。「おやつくれ、おやつくれ」と言うから、好きにしな!とほっておいたら、お菓子箱を抱えて食べている始末。

おやつ、プール、ゲーム、Amazonプライム、言われてしぶしぶ宿題、おやつ、プールで時間が過ぎて、手抜き子育てに後ろめたさがずんずんと増していきます。

お昼だけでも!とエプロンをつけてお母さんスイッチをカチっと入れて、何食べたい?ときくと「チキンラーメン食べたい」「ざるそばがいい」と出てくる返事は麺ばっかり。楽ちん~と思えばいいけど、ちょっとがっかり。


この日はオーダーをとらずに「おかず巻きクレープ」に勝手に決定。

ふだんは椅子から降りたり、急におもちゃをテーブルに持ってきたり、全然落ち着かない子どもたちも、「自分でつくるメニュー」だと食べることに集中してくれる気がします。

それにしても、ケチャップ多過ぎ!



ひとりの平日は昼食ぬきがほとんどですが、人が食べてるのを見てたらおなかがへってきます。でも子どもと同じお昼を食べてたら体重増は避けられない!ので、タンパク質を意識した豆腐のキムチのせで、小腹を満たす。

実は最近、スーパーで売ってるキムチは「キムチ味の漬物」ということを夫に教えてもらいました。熟成発酵キムチくんのマークがあって初めて「キムチ」なんだそうです。
たしかに、辛みもうまみも全然違うし、食べ終わったあと口の中に独特の酸味が残ります。ホンモノのおいしさを知ると、もう前には戻れません。




ホンモノと言えば、青のりも「風味」がしっかりしているものじゃないとぜったいダメ。しゃんとした深みのある香りがほしいと思ったら、並んでるなかでとりあえず高めのを選べば間違いない!と単純思考のわたし。
いつも行くスーパーで、銘柄じゃなくて値札を見て手に取ったら「徳島県産」の文字が。やった~!きみに決めた!と嬉しくなる徳島県民なのでした。